忍者ブログ
Home > ゲーム感想 > 第六回ウディコン感想:その3

第六回ウディコン感想:その3

投票締め切りが迫ってきたので取り急ぎ。


【うみとまもののこどもたち】

なんとなくGBAの時代を思わせるグラフィックのRPG。
セーブスポットのアイコンなどが凝っている。
地味なところではフォグの使い方もうまい。
GBA~DSあたりのグラフィックが好きだったので、
見た目は今回のコンテスト作品で一番気に入っている。

二人一組で攻撃やアイテムの使用ができ、
敵の弱点属性の味方と一緒に攻撃すると弱点を突くことができる。
ペアで行動してもAPが1消費されるだけで、
攻撃回数が減ることはなく4人分行動できる。
一人攻撃の威力は低いため、ペアで攻撃するのが基本。

レベルの概念がなく、増加するのは二人行動したときにアップする「なかよしど」のみ。
「なかよしど」が上がると二人攻撃の威力が上がるのでどんどん使っていこう。
普通にやっていればクリアする頃にはカンストする。

ペアの使い道としては他に、敵より先に動けるキャラが
ピンチのキャラと一緒にアイテムを使って回復をする、といった使い方が存在する。
アイテムは自分にしか使えないので、味方に使いたいときは二人行動をする必要がある。
「攻撃」以外のコマンドはアイテムしかないので重要。

行動するたびに「誰と」「誰に」攻撃するのか選択する必要があるので
コマンド入力回数が2倍になってしまうのは欠点。
「ここぞ」というときだけ使うような調整にすれば良くなると思う。

レベルがなく装備品もあまりステータスが変わらないので、
システムがわかっていればクリアできると思う。
子供向けっぽさを前面に押し出していることもあってか、全体的に力押しでの攻略がメイン。
バランスはとれていて不安定さを感じるところはない。

考えて戦いたいゲーマーにとっては退屈だが、たぶんそういうプレイヤーは対象外。
サブキーで戦闘を早送りできることをクリア後に知った。涙。



【怪奇!ルサルカ彗星館】

説明文からは予想できないほど難しい。
基本的に属性耐性ゲーなのだが、ライフが少なくなると行動パターンを変えてくる敵がいて、
こちらの対策の裏をかかれることがある。
当たり前のように一撃死レベルのダメージが飛んできたりして戦闘バランスはきつめだが、
何かプレイヤーと作者のガチ勝負めいた雰囲気があって嫌いではない。
最近こういう荒々しいバランスのゲームをやってなかったような気がする。

カードキーの拾い判定がやたら狭かったりする他は丁寧に作ってあると思う。



Auther:ud
webサイト:魔法装飾図
twitter:@awmy_tetsukuzu

拍手[0回]

PR
0 Responses
  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL
  • パスワード

プロフィール

Auther:ud
webサイト:魔法装飾図

P R