忍者ブログ
Home > 記事一覧

アイマス(VIPRPG紅白2015のほう)感想

アイマス(VIPRPG紅白2015のほう)全ルートクリアしました。

ゲームの紹介は下記のページが詳しい(丸投げ)。
なおメイジの転生録もおすすめ。

VIPRPG紅白2015作品感想メモ:「アイマス」「金リカ2」「メイジの転生録」など8本+α | RPG-Fan!


---------------------------------------------------------------------------------------

初期レベルクリアが可能という話を聞いていたので全ルートLV1クリア。
不足を感じるところが無かった。

とりあえず、私がRPGをやるときに求めている物は
このゲームの初期レベルプレイにほとんど含まれている。
そういう感じがした。


雑魚と戦わなくてよくて、ボス戦はちょっと考える。
雰囲気が渋くて、選曲がオシャレ。
そして全体的にテンポがいい。
ビジュアルが単に絵が豪華なんじゃなくて、
工夫できれいに見せてるのも好み。

言葉にするとだいぶ理想のRPGに近い気がしてきた。
そうか。
こういうのが好きだったのか。


某氏にアイマスをすすめたら
「アイマスは雰囲気ゲーだよね」
「udさんは雰囲気ゲー好きだよね」的なことを言われて、

あっそうか、私はゲームの雰囲気がよいということを
わりと高く評価しているんだなと初めて気が付いた。
そういえば 遊び人族ドリームゲーマー だしなぁ。

あと雰囲気ゲーというのは「雰囲気くらいしか見るべきところのないゲーム」という
意味の言葉だと思っていたんですが
単に「雰囲気のよいゲーム」という意味で普通に使われているのを知って
自分の根性がだいぶねじくれているのに気が付きました。



Auther:ud
webサイト:魔法装飾図
twitter:@awmy_tetsukuzu

拍手[0回]

PR

昨日の自分に問いたい



シロフィーア のフィーア。
ウディフェス、何かゲームを出したかったんですが
何も思いつかなかったのでイラスト送り付けるマンになろうとしたんですが
2枚目で力尽きました。すまぬ!

1枚目はちゃんとウディフェス会場に送りました。


---------------------------------------------------------------------------------------

ゲームのことを考える時間が細切れになると
断片的なメモがあっても前回考えたことの20%くらいしか覚えていないので、
これはあまりにも非効率でいけないと最近思っていて……
思考過程も書きながら考えたほうがいいのかな。

「これはいけるぞ!」と思ったことの根拠を2~3日経つと忘れていて
「何でこれでいけると思ったんだっけ?」とか言っている状態で非常に困っています。
頭悪いな。

---------------------------------------------------------------------------------------

以下拍手レスです。

>何だかしんみりして、それでいて心にくるブログ記事でした。
 遠くに行くことが出来ないことが安心するっていいものですね。
 えっと、そのままのあわみーで居て下さい。

じぶんの手の届く範囲を広げようとするのをやめて、
手が届く中でパフォーマンスを最大化するには
どうすればよいか?という考え方に切り替えたら
やれることが具体的になって安心したという話でした。
そうは読めないかもしれませんが。

そのままで居てくださいっていうのは申し訳ないけどむりです。



Auther:ud
webサイト:魔法装飾図
twitter:@awmy_tetsukuzu

拍手[0回]

すごく遠いところ



待機モーション

---------------------------------------------------------------------------------------
この数か月間新しいゲームを作ろうといろいろ考えていて、
結局自分の好きなもの、知っているものから
あまり遠くへ行くことはできないのかもしれないと思い始めていた。

エンチャントファームを遊んだのと、
某ゲームのテストプレイをしたことでこれが確信に変わった。
どちらもベースになる作品があるのだけど、
そのことはこれらのゲームのよさを些かも減じてはいない。
もちろん、両作品とも色々工夫されているというのはある。

「あんな感じのゲームを作りたい」

それでよいのだと気がついた。
それでも新しいものを作ることはできる。
私はそれをロードライト・フェイスを作ったときに学んだ。
今の今まで忘れてたけど。

あんなのを作りたいという対象が今は無かったので、
昔好きだったゲームを書き出してみたら思いのほか少ない。
一望してどういう影響を受けたかわかる程度の数しかなかった。
ここからあまり遠くへ行くことは
おそらくできないだろうというのがしみじみ分かった。

それでちょっと安心した。
この場から大きく動けない以上、
ここで工夫をするしかないということが分かったからである。



Auther:ud
webサイト:魔法装飾図
twitter:@awmy_tetsukuzu

拍手[5回]

エンチャントファームクリア



エンチャントファームをクリア(ノーマルエンド)。
前回からスピカさんを抜いてライチを入れ、最終パーティはこんな感じ。


・ダークネスI

メイン盾。
プロヴォガードで敵を引きつけつつ、
聖職の小盾派生のセイントシールドで全体回復するのがお仕事。

このスクショでは持っていないが、
先天補正IIのおかげでシャドウブレードを持たせると結構攻撃もイケる。
常に前衛だから大剣との相性も良い。

何故ラスボス戦でアンバーデュエルを装備していたかは謎。
ちょっと前のボス戦で使ったからだと思われる。


・ウォーターI

メイン火力。
耐久力はあんまりないが、
クリティカルヒットでHP吸収できるアンバーデュエルと
EXスキルのクリティカル率アップの相性がよく中々しぶとい。
クリティカルすると100は確実に出るのでほぼ全快。
自前でHP自動回復もある。強い。

Soul.LVが攻撃力に直接影響するとわかってたら
ウォーターIをLV250まで上げたのだが……
まほうが魔法防御を兼ねていることに気が付いたのが
クリア後だったため初期値のまま。
耐久力がないのはそのせいでは……


・冷たいパスタ

もともと基本性能が高いので
あんまり手をかける気になれず割と適当な育成になってしまった。

ファングを出してオートボウガンの確定5回攻撃でファング×5が基本戦術だが
しょっちゅう出てくる鋼タイプには氷が無効なのでツライ。
各種属性魔法が使える武器をそろえるか、
せめて連続攻撃だけでもつけてやればよかったかもしれない。


・スターライトI

「からだちょうだい」で敵のステータスを奪える。
奪ってみるまでからだの性能はわからない。

調べるのが面倒くさかったので、
堂々と攻略Wikiを見ておすすめからだのエンゼルガーディアンにした。
全種族値が100なので硬いそして速い!
ラスボス戦で死にかけたダークネスIのかわりに前列に出たら
敵の攻撃をほとんどシャットアウトしていた。

攻撃性能も高いはずだが装備が適当だったためほどほど。


---------------------------------------------------------------------------------------

二週目も途中までやってみた。
仲間の初期レベルは主人公のレベルに依存すると勝手に思い込んでいたため、
一人旅で200まで上げてからウインドIを仲間にしてみるとLV40……(涙)

強い仲間をいきなり揃えられなかったのは悲しかったが、
LV150とか200とかあると序盤~中盤ボスのHPゲージが
斬撃一発1ゲージくらいの勢いで減るのが非常に楽しい。

このゲームは経験値とお金が同じリソース(ソウル)なので、
拾ったアイテムを売れば戦わずしてレベルを上げることができる。
アイテムをガンガン売っていけばLV150くらいまでは
一人旅のほうがだいぶ育成が早い。

各地の扉をロックしている鍵は正規の鍵でなくても使い捨ての鍵で開けられるので、
序盤から後半のダンジョンに突入してアイテムだけ拾ってくることも可能。
シンボルエンカウントなので避ければ戦わなくていいし、
さらに平均レベルが高ければダッシュで当たれば戦闘無しで敵を消せる。
一人旅だと実際に戦ったらボコボコにされることが少なくないが、
レベルさえ足りていれば安全にアイテム回収が可能。
さらに強敵相手でもSPを消費して確実に逃走できるシステムになっているので、
数回の戦闘なら無理やり逃げながら先へ進むこともできる。

これらの仕様を利用して後半のダンジョンに突入し、
アイテムをかき集めていきなり高レベルになるのだ。

なお以下のRTA動画を参考にしております。




Auther:ud
webサイト:魔法装飾図
twitter:@awmy_tetsukuzu

拍手[0回]

エンチャントファームやってます



エンチャントファームをやっている。
フリーシナリオ型のRPGである。

・ゲーム時間のほとんどが操作可能パート
・テンポが良い
・ドット絵が細やかに動くバトル
・回復はスキルでもできるけどアイテムでOK、
  ・というか自動回復が優秀なのであまり回復しなくていい
・防御が重要
・突破できないときはあきらめて他のマップに行くのが有効

など割と私好み。
属性がポケモン風で数が多くややこしいのと、
システムが重量級なので序盤は結構つらかった。
とりあえず合成はどんどん行って、
現在のエリアで有効な属性を持つ武器防具を作るとよい。
盾の属性は後半になるとだいぶ重要。



設定とか装備の名前とか
橋や崖から飛び降りると新しいマップに行けたり
全体的にソウルシリーズ風。
しかし元がアクションRPGなのでわりと別物になっている。

現在ソウルレベル135くらいでYAMIの宮殿を攻略中。
HIKARIの王宮は敵が強いので後で行く。

主人公・難易度選択もあり、
一通り分かった上でプレイする二週目が楽しそうなのだが、
結構ボリュームがあるのでまだ終わらない。

こみっくトレジャーに行ったときグレナと交換してもらった
もえくり2とか手をつけていないのが結構あるのだが……

二週目はバーストIとウインドIのどっちかにしようと思う。
バーストは仲間にしたんだけど、
もうパーティがある程度完成してしまってたので
属性を操るスキルを改めて使ってみようという気になれなかったのである。

--------------------------------------------------------------------

パーティについてだらだら書く。


・ダークネスI
メイン盾の主人公。
プロヴォガード(前衛で防御すると必ず攻撃対象にされる)で
ターゲットを集めて味方を守る。

わりと早期に覚えた連続攻撃を活かして
アタッカーとしても活躍していたが、
パーティの攻撃能力が上がってくるにつれて
盾としての役割が主になった。

ウォーターIが強すぎたというのもある。


・ウォーターI(ブラッドウォ-ター)
メインアタッカー。
早期にちから+を覚えたので攻撃力が高い。

合成のシステムを覚えるまでは地味だったが、
先天属性補正がつくスナイプロアを作ったら
すさまじい攻撃力を発揮するようになった。
このゲーム味方の攻撃力がわりと高くなるので、
ボス戦も長期戦になりにくい。

炎系の敵がいるダンジョンが序盤に存在するし、、
序盤の終わりから出現頻度が高まる
鋼タイプに滅法強いのがうれしい。

ブラッド化でさらに攻撃性能は高まったが、
他者を回復できるスキルがなくなったことを考えると
ブラッド化はしなくてよかったかもしれない。つよいけど。

ちから+25、素早さ+25、連続攻撃IIで不動のエース。


・冷たいパスタ
単純にステータスが高く、
魔法メインだが武器攻撃もいける。
ウォーターIの次に素早さが高いので回復にも重宝する。

乱れひっかきにファングが乗ることが最近判明し、
氷属性の効く相手に対して飛躍的に攻撃力が向上。


・スピリットカース
後列から近距離武器を振っても威力130%なのが強い。
先天補正で肉切り包丁の倍率がすごいことに。
包丁の命中率が低い上に素早さも低いので
当たりにくいのが難点である。

先天属性の霊属性が無、闘属性を無効化するので
敵の攻撃によっては盾としても強い。
あと今回はEXスキルにHP+がついており単純に死ににくい。

武器技が20%強化される達人を覚えているので
何かスキルを使わせたいがこれといって良いのがない。
というか面倒くさがってちゃんと探してない。



Auther:ud
webサイト:魔法装飾図
twitter:@awmy_tetsukuzu

拍手[0回]

プロフィール

Auther:ud
webサイト:魔法装飾図

P R