忍者ブログ
Home > 記事一覧

2015 GW組織オフ

2015 GWオフ

毎年恒例、組織のオフ会。
ゲームマーケットは行けたら行きたかったのだが、
体力的に既に余裕がなかったため見送り。



・スマブラ
オフ会日程に占めるスマブラの比率が年々高くなっている気がする。
今年はたけさん参戦の影響が大きいか。
格ゲー勢のたけさんはタイマンだと超強いがチーム戦ではまだ何とか勝負になる。

新たな持ちキャラとしてプリンを練習。
スマブラはぶっちゃけ最近ちょっと飽きていたのだが、
普段使わないキャラを使うとなかなか新鮮である。

シュルクならまだ全然戦えるけどピーチじゃきつい。

ゼノブレイドのBGMかっこいいよね。



・飲み会
ドクターと「ここ数年の間に色々なことを説明できる言葉を獲得したね」という話をする。
思想的な話ができるのが一年のうちこのタイミングしかない。
本を読んだり、周りを観察して普段色々考えてていても
それについて他者と話す機会となると非常に限られている。

一年の間にものの見方がどのくらい変化したか観測する機会でもある、
というのが今回気づいたこと。
あんまり意識してなかったけど物凄く貴重な機会なんじゃないのか?

そういうわけで来年はオフ会の企画をちゃんとしようと心に決めたので、
忘れないようにここに記しておくのである。
(今年は例年に比べてもグダグダだった)

今回の主なトピックは、
合気道(最近入門した)を始めた理由、
あんまり気合入れてゲーム作る気がしなくなった理由、
ユングのタイプ論など。
あとしゃべった内容覚えてる方がいたら教えてください。



・リレーRPG
最近密かに身内で作っている。
驚くべきことに、けっこう真面目にシナリオを書いているのである。
制約が多いのがかえって楽なんだと思う。

シナリオを書いているうちに
『既存のシステムがクラッシュした場合、いかにして秩序を回復するか』
というのが今回の個人的テーマになっているあたり
結構そのときの関心事が反映されるもんだなーとちょっと感心する。

……で、作成中のデータを持ってくるつもりがUSBメモリを家に忘れてしまう。
今回最大のミス。

なおリレーRPGはツクールVXAceで作っている。
VXAceはマップを作るのが楽なのがうれしい。
迷宮のベルフローネをリメイクしても良いかとちょっと思った。

今年の目標はロードライト・フェイス:ファイナルストライクの完成なので
やるとしてもRLF:FSが完成したら、かなぁ。
FSは9割くらい出来てはいるんですが。



・ボードゲーム
【Once upon a time】
キーワードの書かれたカードを出してリレー形式でストーリーを作るゲーム。
ゲームとしてはほとんど成立してなくて、
ストーリーがめちゃくちゃになるのを聞いて笑うのが主目的。
……だけど、同じ目的ならキャット&チョコレートのほうが軽くていいかなぁ。

たけさんが繰り出した
「あるところに継母がおりました。
 継母は料理人に変な料理を作らせるのが好きでした。
 例えばカエルのスープ。
 継母はそれを眺めていつも幸せそうにしているのでした」
というプロットが怪しさ爆発しすぎで今回のハイライト。

カード自体はたくさんあって普通にストーリーを作るのにも使えそうではある。


【ブロックス】
数少ない得意種目。3回やって2勝。
このゲームだと版上のパワーバランスが何となくわかるのだが、
カタンとかだと同じことが全然できなかったりする。

なんだかんだ好評なので、オンライン対戦ができればいいんだけど。




まとめると「酒飲んで徹夜でスマブラやって合間にボードゲーム」。
いつもどおりです。



Auther:ud
webサイト:魔法装飾図
twitter:@awmy_tetsukuzu

拍手[0回]

PR

引っ越し

大阪に引っ越します。
制作関係で近くにお住まいの方は何か機会があったらよろしくお願いします。
……まぁ、京都から大阪なのであんまり変わんないけど。

なお3/2から一週間程度インターネット使用不能になるので
その間のご連絡はmizunoawa.web@gmail.comまで。



Auther:ud
webサイト:魔法装飾図
twitter:@awmy_tetsukuzu

拍手[0回]

創作の呪い

「創作者はみんな病んでいる」という話についてのヨタ話


某氏と「創作者はみんな病んでいる」という話をした。
自分自身それほど精神が安定しているわけでもないし「そうかもなぁ」とか答えたのだが、
今になって考えてみるとこの主張は結構危ない。
「創作者はみんな病んでいる」は言い換えると「病んでいなければ創作者でない」だからである。

傍から見ている人が「あいつらみんな病んでるなぁ」と言っているぶんには
おそらく大した害はないけど、
創作活動をしている本人がこれをいったん認めてしまうと結構大変だ。
だって、創作者でありつづけるためには病んでなきゃいけない(と当人が思っている)んだから。
ある意味自身に対する呪いである。
創作活動に依存していればいるほど呪いの効力は強くなるので、制作ガチ勢ほど危険である。
実際怖い。気をつけよう。

そういうわけで最初うっかり同意してしまいそうになったが、
それは違うよと主張しておくのである。
あまり病んでなくても創作活動はできる。(※)
できることならみんな心安らかに制作して欲しい(祝福)。

※程度の差があるだけで人間はみな「病んで」いる



Auther:ud
webサイト:魔法装飾図
twitter:@awmy_tetsukuzu

拍手[0回]

プロフィール

Auther:ud
webサイト:魔法装飾図

P R